キッカワ タクロウ   KIKKAWA Takuro
  吉川 卓郎
   所属   立命館アジア太平洋大学  アジア太平洋学部
   職種   教授
研究期間 2019~2021
研究課題 ヨルダン政治と部族社会:南部の政治・社会・経済に関する現地調査を中心に
実施形態 個人研究
研究区分 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))
科研費研究課題番号 18KK0373
キーワード 政治, 部族, 地域研究, アラブ王制, ヨルダン
代表分担区分 研究代表者
代表者 吉川 拓郎
概要 本国際共同研究において、応募者は基課題を足掛かりに、これまで本格的な分析がなされていないヨルダン政治における部族社会による影響力の把握を試みる。具体的には、ヨルダン建国当初から王政の最重要支持基盤であり続けてきた南部部族社会と国家の、今日における関係の測定を目指す。ここではヨルダン大学を拠点に、共同研究を実施する。さらに、同国安全保障の要となる組織に多数人材を輩出してきた南部部族社会における政治・経済の構造解明を目指す。そのため、南部のフサイン・ビン・タラール大学を拠点に、共同研究を行う。最終的には、基課題の掲げるヨルダンの総合的な研究ならびにアラブ王制研究の飛躍的発展を目指す。