ジョーンズ トマス
  JONES Thomas E.
   所属   立命館アジア太平洋大学  アジア太平洋学部
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/12
形態種別 論文(学術誌・プロフェショナル誌)
査読 査読あり
標題 ヒヤリハット体験における主因及び背景・間接要因の分析に基づく山岳遭難予防策の検討
執筆形態 共著
掲載誌名 第32回環境情報科学学術研究論文発表会
巻・号・頁 32,167-172頁
著者・共著者 小林 昭裕
概要 遭難発生は,一連の要因が連鎖することによって起きるとされる。本研究では要因の連関を把握する始動的試みとして,ヒヤリハット体験の主因と背景・間接要因に着目し,要因の関係性,およびヒヤリ体験時の状況や回答者属性による要因の違いなど,要因の特性を検討した。その結果,主要因および背景・間接要因に対する出現頻度の違いや,主要因と間接要因との関係性に一定のパターンが確認された。また,パターンの特性をもとに,要因の連鎖という観点で議論を進める可能性が示された。さらに,主要因に対する回答者の個人属性の違いや,遭難発生時の状況との関連性に相違が認められ,結果の解釈や今後の調査方法上の留意点が確認された。