ジョーンズ トマス
  JONES Thomas E.
   所属   立命館アジア太平洋大学  アジア太平洋学部
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/11
形態種別 論文(学術誌・プロフェショナル誌)
査読 査読あり
標題 富士山保全協力金の支払行動を規定する因子に関する研究
執筆形態 共著
掲載誌名 環境情報科学学術研究論文発表会
巻・号・頁 31
著者・共著者 山本 清龍
概要 本研究では,事例として富士山保全協力金制度を取り上げて,①登山者の属性と意識,行動を把握した上で,富士山保全協力金の支払行動を規定する因子を明らかにすること,②協力率向上のための方法論について考察すること,の2点を目的とした。研究結果から,富士登山者には20-30 代の比較的若い世代,初めての登山者が多かった。また,富士山保全協力金の支払行動を規定する重要因子として,制度の目的の認知度,協力金受付場所の視認性と係員の声がけが抽出された。協力率の向上にむけては,情報提供,協力金を収集する現場の管理などが重要と考えられた。
DOI 10.11492/ceispapers.ceis31.0_189