ハナムラ ヒロシ   HANAMURA Hiroshi
  花村 博司
   所属   立命館アジア太平洋大学  言語教育センター
   職種   嘱託講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/03/31
形態種別 大学・研究所紀要
査読 査読あり
標題 日本語の会話における話題転換研究の概観―日本語教育に生かすための研究をめざして―
執筆形態 単著
掲載誌名 言語文化学研究(言語情報編)
巻・号・頁 (10),65-102頁
概要 日本語の会話における話題転換に関する先行研究を,日本語教育に生かすという視点から概観することによって,これまでの分析方法の偏りとして,以下の点を指摘した。
(1) 話題転換箇所を認定する際,会話全体を鳥瞰的に分析し,内容のまとまりから区切っていく方法をとっており,ひとつひとつの発話のつながりはあまり注目されていない。
(2) 話題転換に用いられる言語表現や非言語行動について,それぞれの表現の単独での出現傾向のみを分析しており,これらの表現が連続して使用される場合の組みあわせの共起傾向などは分析されていない。
 以上から,今後の課題として,「発話のつながりによる話題転換箇所の認定方法の確立」,「話題転換表現が連続して使用される場合の共起傾向の分析」があげられる.これらは,日本語教育に生かすための応用研究においても有益となる。会話参加者のあいだに話題の継続か転換かという認識のずれがある場合でも,隣接する発話のつながりをとらえることで,会話が維持されやすくなると考えられるためである。
ISSN 1880-5922