ジョーンズ トマス
  JONES Thomas E.
   所属   立命館アジア太平洋大学  アジア太平洋学部
   職種   准教授
期間 2017/06~2017/07
タイトル APU講座:「Theマウント富士! 外国人目線の富士山」(国内)
種別 新聞・雑誌
概要 立命館アジア太平洋大学(APU、別府市)と大分合同新聞社の教養講座「APU・大分合同新聞講座」の第2回が8日、同大学であった。アジア太平洋学部のジョーンズ・トマス・エドワード准教授が「Theマウント富士! 外国人目線の富士山」と題して講義した。要旨は次の通り。 私も参加して2008年から16年まで毎年夏の4、5日間、「吉田ルート」5合目で富士山登山者にアンケート調査をした。インバウンド(訪日外国人観光客)急増の影響で、外国人登山者は増えている。15年の調査では、外国人登山者の割合は平日3割、休日2割程度だった。当初は欧米からが多かったが、近年はアジアが増加している。 調査から二つの課題が浮かび上がった。