ナカタ ユキヒコ   NAKATA Yukihiko
  中田 行彦
   所属   立命館アジア太平洋大学  国際経営学部
   職種   客員教授
期間 2014/03
タイトル 大分県LSIクラスター形成推進会議でネットワーキングについて講演(国内)
種別 講演会
概要 日本は、半導体、液晶、太陽電池のシェアが急落しています。  日本のものづくりは崩壊の危機に立っていると言えます。  日本の競争力の源泉は何でしょうか?  半導体と液晶は、 よく似た技術を用います。 しかし、その産業の構造、競争のやりかたは全く異なります。  シャープは、数年前までは液晶事業で「勝ち組」といわれていたのに、会社存亡の危機に陥っています。  なぜ日本は液晶で韓国,台湾に抜かれたのでしょうか?  なぜシャープは「亀山工場」で成功できたのでしょうか? 半導体産業は、液晶産業の潮流から何を学べるのでしょうか? この答えを先取りすれば、日本の競争力の源泉は「すり合わせ」です。「すり合わせ力」は、「ネットワーク力」、「巻き込む力」、「共創力」の3つからなっています。このうち「ネットワーク力」に焦点をあてて話しをします。