カセダ ヨシノリ   KASEDA Yoshinori
  綛田 芳憲
   所属   立命館アジア太平洋大学  アジア太平洋学部
   職種   教授
項目区分 教育方法の実践例
項目区分 2016/04/01
事項 教育上の工夫
概要 1.昨年度の授業評価を踏まえて、授業内容の見直しを行った。 2.学生の理解、関心が深まるよう、レジュメ、視聴覚教材を効果的に使うように努めた。 3.学生の授業参加を促進するため、質問時間に加え、複数名での討論、その結果発表の機会を設けた。毎回の授業で、質問票を配布し、質問やコメントを提出してもらい、次の授業で回答する機会を設けた。質問やコメントを踏まえ、説明の改善を図った。 4.担当科目である「国際問題と政策」(日本語開講科目)が、大学が推進する多文化協働学習のモデル授業に指定されたことを受けて、多文化協働学習の実践に努めた。実践内容は、学内で取りまとめられた報告書に記載した。