ホンダ アキコ   HONDA Akiko
  本田 明子
   所属   立命館アジア太平洋大学  言語教育センター
   職種   教授
項目区分 教育方法の実践例
項目区分 2015/10/05
事項 日本語プロジェクトEにおける学生の自律性を育てる教育の実践
概要 この科目は、立命館大学との遠隔交流授業を通じて①アカデミックレベルの高度なコミュニケーション能力および②情報通信技術(ICT)による遠隔交流と対面での交流の違いを知り、状況に応じたコミュニケーション能力を養うことを目標とする。こうした能力を養うためには、学生自身が体験し失敗しながら学び取る姿勢が必要となる。そのため、学生自身が動き、体験しつつ、実践的な能力を取得するよう、学生の自律性を養う教育方法を工夫した。毎回の授業は、達成目標を示し、学生を進行役としてクラス全体の話し合いで進めた。最終的には学生自身が授業の目的を考え、自律的な学習方法を提案するなど、授業に取り組む姿勢に変化がみられるようになった。