photo
    (最終更新日:2020-08-31 02:23:17)
  ホンダ アキコ   HONDA Akiko
  本田 明子
   所属   立命館アジア太平洋大学 言語教育センター
   職種   教授
■ 学歴
1. 早稲田大学 教育学部 国語国文学科 卒業
2. 大阪府立大学 単位取得満期退学 博士(言語文化学)
3. 2000 筑波大学大学院 文芸・言語研究科 言語学 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2017/04~ 立命館アジア太平洋大学 言語教育センター 教授
2. 2007/04 立命館アジア太平洋大学 准教授
3. 2000/03~2006/03 立命館アジア太平洋大学 講師
■ メッセージ
日本語・日本文化を担当しています。 ことばは、新しい社会や文化へのとびらです。 みなさんといっしょに、このとびらを開けて、新しい世界に飛び込みたいと思います。日本語と日本文化の世界を楽しみましょう。
■ 現在の専門分野
言語学, 日本語教育 (キーワード:ことばのバリエーション) 
■ 著書・論文歴
1. 1993/07 論文  講義の日本語における理科系・文科系の特徴 日本語教育学会「日本語教育」 (80) (共著) 
2. 1995/12 論文  日本語における女性の話しことばに関する意識 筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科「筑波応用言語学研究」 (2) (単著) 
3. 1995/12 論文  実例にみられる日本語の男女差-電話による親しい同性同士の私的な会話の分析から- 現代日本語研究会「ことば」 (16) (単著) 
4. 2020/03/25 著書  そのまんまの日本語
自然な会話で学ぶ   (共著) 
5. 2020/03/02 論文  FOSTERING ACTIVE PEER-LEARNING BETWEEN DIVERSE STUDENT GROUPS IN JAPANESE UNIVERSITIES: HOW INTERACTIONS CAN BE ENHANCED AND BENEFIT STUDENTS IN INTERCULTURAL LEARNING? INTED2020 Proceedings pp.3499-3506 (共著) 
全件表示(33件)
■ 所属学会
1. 社会言語科学会
2. 2010/04~2013/03 ∟ 研究大会委員
3. 2014/04~2014/09 ∟ 第34回研究大会実行委員会委員長
4. 日本言語学会
5. 日本語教育学会
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2019/12/07 学習者と日本語母語話者の協働学習クラスにおいて学生はどう学ぶのか ―「日本語教授法」クラスにおける実践から―(言語文化教育研究国際研究集会)
2. 2019/08/30 日本語非母語話者の災害時情報収集に関する問題点 ―災害時情報リテラシーの教育法開発のための基礎研究―(第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム)
3. 2019/03/23 相手言語接触場面における学習者の談話管理能力 ―来日直後と1年後の能力の比較―(第52回日本語教育方法研究会)
4. 2019/02/25 南アジア出身学生の日本の大学入学から就職に至るまでの軌跡ー学生と教員の視点からー(南アジア日本語教育研究大会)
5. 2018/11/27 Developing Method of Teaching ‘Information Literacy in Times of Disaster’ in Japanese Language Teaching(LIA International Conference on Language and Culture 2018)
全件表示(37件)
■ 講師・講演
1. 2017/11/30 災害時の外国人支援 情報伝達のあり方を考える(滋賀県大津市)
2. 2017/11/12 「大分の防災を考える in 大分―地域における防災・減災力の向上を目指して―」(ホルトホール大分)
3. 2017/06/10 「日本語教師として考えておきたい地震のこと-熊本地震の教訓を忘れないために-」(大分大学旦野原キャンパス)
4. 2016/12/15 災害に備えるまちづくり研究―弱者対応の視点から―
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008  自律学習者の学習ストラテジーの分析による高度専門人材育成のための日本語教育開発  
2. 2004~2006  遠隔交流授業における異文化理解と異文化コミュニケーション教育の研究 科学研究費補助金 
3. 2007  インターネットによる日本語のコンピュータ適応型テストの開発と検証  
4. 2018  コンピュータ適応型ビジネス日本語テストの開発と妥当性の検証 科学研究費補助金 
5. 2018  日本語学習者談話の有効性に関する研究 科学研究費補助金 
全件表示(12件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/10/05~2016/02/05 日本語・日本文化における体験的授業方法の工夫
2. 2015/10/05 日本語プロジェクトEにおける学生の自律性を育てる教育の実践
3. 2014/04/01 「街を教室にする」プロジェクト
4. 2003/04/01 立命館大学との遠隔交流授業
5. 2000/12/01~2016/02 地域ボランティアとの交流授業
●作成した教科書、教材
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2017/08 「情報は平易な日本語で―災害時の留学生サポート」
■ 委員会・協会等
1. 大分県男女共同参画審議会 委員
2. 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員