photo
    (最終更新日:2021-08-22 23:50:44)
  スミダ タマキ   SUMIDA Tamaki
  住田 環
   所属   立命館アジア太平洋大学 言語教育センター
   職種   准教授
■ 学歴
1. 2004/04~2007/03 広島大学大学院 教育学研究科 文化教育開発専攻(日本語教育学分野) 博士課程単位取得満期退学
2. 2008/03
(学位取得)
広島大学大学院 博士
3. 2002/03
(学位取得)
修士(学術)
4. 1985/04~1989/03 津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 卒業 学士(文学)
■ 職歴
1. 2009/04 立命館アジア太平洋大学 言語教育センター 准教授
2. 2007/04~2009/03 立命館アジア太平洋大学 言語インスティチュート 上級講師
3. 2002/04~2007/03 比治山大学及び広島経済大学 講師
4. 1994/04~2002/03 HJLSひろしま日本語学校 専任講師
■ メッセージ
APUの多文化環境の下で様々な体験をし、様々な人と多様な価値観に出会い、学び、考えることが、きっと将来の自分につながると思います。自分か ら動いて、新しい発見ができるチャンスを増やしましょう!
■ 現在の専門分野
日本語教育 
■ 著書・論文歴
1. 2018/03 論文  別府市における日本語指導が必要な児童生徒に対する日本語指導の体制整備
―対象児童生徒散在地域における実践― 別府大学日本語教育研究 (第8),21-30頁 (共著) 
2. 2017/03 論文  熊本地震における留学生の行動傾向-アンケート調査結果の分析から- APU 言語研究論叢 2,18-32頁 (共著) 
3. 2017/03 論文  別府市における日本語指導が必要な児童生徒に対する教育支援のあり方について 別府大学日本語教育研究 (7),33-41頁 (共著) 
4. 2012/12 論文  留学生初年次教育におけるアクティブラーニングの効果―参加者の変容をもたらした要因の検証― 留学生教育 (第17),151-159頁 (共著) 
5. 2011/10 論文  アクティブラーニングプログラム「FIRST」で学生は何をどう学びどのように変化したか ~2010年秋FIRST参加学生の追跡調査より~ ポリグロシア 第21,69-77頁 (共著) 
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1997/04 日本語教育学会
2. 2004/04 異文化間教育学会
3. 2012/02 第二言語習得研究会
4. 2012/05 留学生教育学会
5. 2013/06 ∟ 理事
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2021/05/12 地域に入って学ぶ日本語プログラムの課題と可能性(第3回APLJシンポジウム)
2. 2021/03/13 地域に入って学ぶ日本語プログラムの可能性ー鉄輪さん、おじゃましますー(日本語教育学会2020年度第7回支部集会【関西支部】)
3. 2019/05/08 地域を題材にした多読教材作成と今後の展望(APLJシンポジウム)
4. 2019/03/23 地域を題材にした多読教材作成と多読実践の紹介(日本語教育学会関西支部集会(「交流ひろば」への出展))
5. 2019/03/08 地域を題材にした多読教材作成の試み(沖縄県日本語教育研究会第16回大会)
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000  日本文化の学びの方法  (キーワード:日本文化,日本語学習者,日本語母語話者、認識,意味体系,受容,自律)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/01/15 インドネシアの高校生向けの日本語講義
2. 2017/11/29 JICA派遣学生向け特別講義
●作成した教科書、教材
1. 2019/09 『吉四六さんの話ー舟のお金ー』の製本
2. 2018/06/14 『吉四六さんの話―舟のお金―』がWeb公開
3. 2017/03 吉四六さんの話ー舟のお金ー(多読教材)
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(18件)
■ 社会における活動
1. 2017/01 別府市立の小・中学校への日本語指導員の派遣(国内)
2. 2016/03 別府市における日本語指導員養成講座の開催(国内)
3. 2015/06 別府市における日本語指導が必要な児童生徒の支援に関する調査(国内)
4. 2015/06~ 別府市における日本語指導が必要な児童生徒に対する支援(国内)
■ 委員会・協会等
1. 2014/04~2018/03 大分家庭裁判所委員会 委員