photo
    (最終更新日:2021-03-28 00:11:45)
  イタバシ タミコ   ITABASHI Tamiko
  板橋 民子
   所属   立命館アジア太平洋大学 言語教育センター
   職種   特任講師
■ 学歴
1. The University of Melbourne 応用言語学 言語テスト 修士課程修了
2. 愛媛大学 文学部 文学科(アメリカ文学) 卒業
■ メッセージ
みなさんと日本語でいろいろなことを話すのを楽しみにしています。
■ 現在の専門分野
日本語教育 
■ 著書・論文歴
1. 2020/03/31 論文  地域に飛び込んで行う言語プログラムの可能性―サービス・ラーニングの観点からの学びの検証ー  5,56-71頁 (共著) 
2. 2017/12 論文  「まち歩き」は学習者を変えるか――地域とつながる言語教育の可能性―― APU 言語研究論叢 3,109-123頁 (共著) 
■ 所属学会
1. 2018/10~2020/03 グローバル人材育成教育学会
2. 2015/04 多文化関係学会
3. 2013/12 日本語教育学会
4. 2010/01 日本語教育方法学会
■ 学会発表
1. 2020/12/12 「対話する場としての『ひるまち にほんご』」(言語文化教育研究学会 第8回研究集会(オンライン開催))
2. 2020/12/02 「続・地域に飛び込んで行う言語プログラムの可能性ーサービス・ラーニングの観点からの学びの検証ー」(第2回APLJシンポジウム)
3. 2018/12/01 「『まち歩き』は学習者を変えたか」(16th Asia Pacific Conference)
4. 2017/06/09 日本語教師として考えておきたいこと-熊本地震で気づいた、私たちにできることー(日本語教育学会九州沖縄支部集会)
5. 2016/10/09 熊本地震の事例にみる日本語教育の課題(2016年度日本語教育学会秋季大会)
全件表示(9件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/02/18 日本語集中講座「JUMP(Japanese Umakunaru Project)」コーディネート
2. 2017/10/01 「日本語中上級」コーディネート
3. 2016/10/01~2017/03/31 「日本語中上級」クラス担当
4. 2015/10/01~2016/03/31 「日本語中級」コーディネート
5. 2013/04/01~2017/03/31 「講義の日本語」クラス担当
●作成した教科書、教材
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2017/11~2018/01 「落語ワークショップ」及び「新春寄席」の開催(国内)
2. 2016/11~ 「ひるまちにほんご」開催(毎月1回)(国内)
3. 2016/02~2016/02 多文化共生フォーラムの開催(国内)