photo
    (最終更新日:2021-06-08 13:18:17)
  キムラ リキオ   KIMURA Rikio
  木村 力央
   所属   立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2009/06~2014/09 サセックス大学 教育学・社会福祉学研究科 教育学 博士課程修了 教育学博士
2. 2004/01~2007/08 リージェント大学 グローバル・リーダーシップとアントレプレナーシップ研究科 組織リーダーシップ 修士課程修了 文学修士
3. 1993/01~1995/12 ミシガン州立大学 資源開発研究科 コミュニティー開発 修士課程修了 理学修士
4. 1995/01~1995/09 オックスフォード大学 難民研究センター(Visiting Study Fellow)
5. 1988/04~1992/03 三重大学 人文学部 社会科学科 卒業 社会科学士
■ 職歴
1. 2018/04~ 立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 教授
2. 2014/08~2015/02 王立プノンペン大学 Faculty of Development Studies 客員研究員
3. 2012/04~2018/03 立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 准教授
4. 2008/04~2012/03 立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 助教
5. 2002/03~2007/03 Food for the Hungry International / Cambodia (NGO) 事務所長
全件表示(7件)
■ メッセージ
学問的実践家として、開発行為を問題化する(problematise)ことにより、よりよい実践(practice)の構築を目指しています。途上国での長期ボランティアを体験する機会があれば、自分の成長のために、その機会を生かして下さい。
■ 現在の専門分野
社会福祉学, 地域研究, 教育社会学, 教育学 (キーワード:コミュニティ開発、NGO、社会的企業、成人教育、教授法、カンボジア) 
■ 学内役職・委員
1. 2018/10/01~  立命館アジア太平洋大学 APU副学部長
2. 2017/04/01~2018/03/31  立命館アジア太平洋大学 APU教務主任
■ 著書・論文歴
1. 2020/09/01 著書  Barriers to Effective Civil Society Organisations: Political, Social and Financial Shifts  pp.93-110 (共著) 
2. 2020/03/31 論文  大規模授業における多文化協働グループワークの試み―包括的コースデザインとTAの戦略的活用 立命館高等教育研究 (20),97-114頁 (単著)  Link
3. 2019/06 論文  途上国の社会的企業における宗教性と組織文化:質的調査に基づく国際比較研究 2016〜2018年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書(課題番号:16K04243) 1-6頁 (共著) 
4. 2019/02/27 論文  Transformative Learning through An NGO’s Rights-based Approach in Cambodia: A Multi-scalar Analysis Compare: A Journal of Comparative and International Education 50(6),pp.884-903 (単著)  Link
5. 2017/09 論文  ‘Social or Business’ or ‘Social and Business’: Problematique of the Hybrid Structure of Community-based Ecotourism in Cambodia Evergreen - Joint Journal of Novel Carbon Resource Sciences & Green Asia Strategy 4(2/3),pp.38-49 (単著)  Link
全件表示(23件)
■ 所属学会
1. 2008/05~ 国際開発学会
2. 2010/04~ 日本NPO学会
3. 2010/10~ アジア太平洋国際学会(IAAPS)
4. 2014/05~ Development Studies Association
5. 2015/06~ International Society for Third-Sector Research (ISTR)
■ 学会発表
1. 2021/06/07 Equalizing and Decolonizing the Relationship between Domestic and International Students in Multicultural Group Work in International Development Course(Innovative Practices and Pedagogies for Teaching Undergraduate International Development Studies Workshop, Tobias Center for Innovation in International Development, Indiana University)
2. 2020/06/05 Two tales of elucidating the social through critical realist ethnography: Critical realist grounded theory and extended case method compared(Published Proceedings of Adult Education in Global Times: An International Research Conference (AEGT2020), University of British Columbia)
3. 2018/09/22 Potential of critical realist institutional logics for analyzing organizational tensions experienced by Christian social enterprises: Cambodian cases(Published Proceedings of ICSEA (International Conference on Social Enterprise Asia) 5th Conference, Ritsumeikan University)
4. 2018/07/13 What is the legitimate hybridity for Christian social enterprises in Cambodia?: Typologyzing efforts(13th International Conference of ISTR (International Society for Third Sector Research), Vrije Universiteit Amsterdam)
5. 2017/11/16 Critical realist institutional logics perspective for typologizing organizational tensions experienced by Christian social enterprises in Cambodia(Proceedings of ARNOVA's (Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action) 46th Annual Conference, Grand Rapids, US)
全件表示(25件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  途上国における宗教を基盤とする社会的企業:ハイブリッド組織の理論構築を目指して 科学研究費補助金 
2. 2016/04~2019/03  途上国の社会的企業における宗教性と組織文化:質的調査に基づく国際比較研究 科学研究費補助金 
3. 2013/04~2016/03  貧困層のライフストーリーを通してのカンボジアの社会的企業の批判的研究 科学研究費補助金 
4. 2009/04~2011/03  カンボジアにおけるNGOリーダーシップの変革と育成に関する研究 科学研究費補助金 
■ 受賞学術賞
1. 2018 立命館アジア太平洋大学 教員アセスメント教育分野賞
2. 2016 立命館アジア太平洋大学 教員アセスメント教育分野賞
3. 2011 立命館アジア太平洋大学 教員アセスメント教育分野賞
4. 2007 Outstanding Master of Arts in Organizational Leadership Graduate Award (Regent University)
5. 1994 Phi Beta Delta, Honor Society for International Scholar (Michigan State University)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014/06 アプリシエイティブ・インクワイアリーによる「最高の学習経験」の構築
■ 社会における活動
1. 2014/06~2014/06 Emerging Social Enterprises in Cambodia from the Multiple Perspectives and their Empowerment Impacts on the Poor:オーストラリア、カンボジア及び日本からの研究者・実務家を招きセミナーを開催(科研費基盤Cに支援された研究の一環として)(国内)