photo
    (最終更新日:2021-04-08 13:08:52)
  タケカワ シュンイチ   TAKEKAWA Shunichi
  竹川 俊一
   所属   立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2001/08~2008/05 ハワイ大学大学院 政治学科 比較政治学 博士課程修了
2. 1999/08~2001/05 ウイチタ州立大学大学院 政治学科 比較政治学 修士課程修了
■ 職歴
1. 2018/04~2021/03 * アジア太平洋学部 副学部長
2. 1988/04~1997/01 毎日新聞社 編集記者
■ メッセージ
日常的に接して余りにも当たり前の存在に感じられるメディアが、政治や社会において果たしている役割とその問題点について、改めて考えてみましょ う。有効なメディアリテラシーを自分自身で構築してみましょう。
■ 現在の専門分野
政治学, メディア・ジャーナリズム研究 (キーワード:メディアと政治、新聞(全国紙、地方紙、地域紙)、ジャーナリズム、ニュースフレーミング分析、日本政治、ナショナリズム、ポピュラーカルチャー) 
■ 学内役職・委員
1. 2018/04/01~2021/03/31  立命館アジア太平洋大学 APU副学部長
■ 著書・論文歴
1. 2016/09 著書  Japan after 3/11: Global Perspectives on the Earthquake, Tsunami, and Fukushima Meltdown edited by Pradyumna P. Karan et al.  pp.251-268 (Chapter 12) (共著) 
2. 2016/06 その他  Book Review of The Comfort Women: Sexual Violence and Postcolonial Memory in Korea and Japan, by C. Sarah Soh   (単著) 
3. 2015/10 著書  Routledge Handbook of Memory and Reconciliation in East Asia, edited by Kim Mikyoung  pp.79-94 (Chapter 5) (単著) 
4. 2014/12 著書  Japanese Journalism and the Japanese Newspaper, edited by Anthony Rausch  pp.217-239 (単著) 
5. 2013/02 論文  Fusing Nationalisms in Postwar Japan: The Battleship Yamato and Popular Culture electronic journal of contemporary japanese studies 12(3) (単著)  Link
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 2004/10 日本マス・コミュニケーション学会
2. 2018/07~2019/06 ∟ 企画委員会委員
3. 2013/07~2015/06 ∟ 国際委員会委員
4. 2003/04 Association for Asian Studies
5. 2011/11 International Communication Association
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2020/11/15 Why and How a Conservative Newspaper in Japan Embraces Democracy: A Study of Editorials of Sankei from 1950s to 2000s(18th Asia Pacific Conference)
2. 2019/12/01 Anti-Mass Media Sentiments as Populism: Why Has Asahi Newspaper Been Attacked?(17th Asia Pacific Conference)
3. 2018/03/23 Realist and Reactionary Conservatives in Japan: Their Different Views on the Constitution, the Military and Peace, and the Emperor and Popular Sovereignty(Association for Asian Studies 2018 Annual Conference)
4. 2017/08/26 北朝鮮はどのように「公共の敵」になったのかー「在日朝鮮人の帰国(北送)」に関する日韓の日刊紙報道分析(第23回日韓国際シンポジウム)
5. 2016/06/26 Conservative Newspapers, the Postwar Constitution, and the Reconstruction of Japanese National Identity(ISA Asia-Pacific Conference 2016, Hong Kong)
全件表示(18件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2024/03  戦後保守ジャーナリズム史の研究 読売と産経の差異と対立、変遷を考える 科学研究費補助金 (キーワード:全国紙、保守主義、社説、憲法、戦争観)
2. 2016  保守系全国紙と憲法  (キーワード:全国紙、読売新聞、産経新聞、日本国憲法、憲法改正、保守、平和主義)
3. 2016  北朝鮮帰国事業に関する日韓の主要新聞の比較分析  (キーワード:日本、韓国、全国紙、北朝鮮帰国事業)
4. 2012  地域メディアと東日本大震災・津波  (キーワード:ジャーナリズム、自然災害)
5. 2011  新聞ジャーナリズムと政策  (キーワード:日本の新聞、メディア、政策、フレーミング、提言報道)
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/11/29~2019/01/29 「日本の文化と社会」(英語開講)における映像資料の活用
2. 2018/04/10~2019/02/14 期末レポートのプロポーザル作成
3. 2016/10/05~2017/02/08 授業「戦争とメディア」における映像資料に基づいた課題
4. 2016/04/11~2017/02/08 日本語開講授業における期末レポート作成のための手引き
5. 2016/04/11~2017/01 期末レポートのプロポーザル(研究計画書)提出
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(22件)
■ 社会における活動
1. 2021/04~2021/04 研究活動に関連した新聞報道(国内)
2. 2020/10~2020/10 研究活動に関連した新聞報道(国内)
3. 2019/06~2019/06 日本マス・コミュニケーション学会春季研究発表会事務局
4. 2019/04~2019/04 研究活動に関連したテレビ報道(国内)
5. 2019/04~2019/04 研究活動に関連した新聞報道(国内)
全件表示(17件)