photo
    (最終更新日:2020-06-06 17:26:39)
  ヤマシタ ヒロミ   YAMASHITA Hiromi
  山下 博美
   所属   立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部
   職種   教授
■ 学歴
1. バーミンガム大学 博士課程
■ 職歴
1. 2013/04~ 立命館アジア太平洋大学 准教授
2. 2013/04~ 名古屋大学大学院 環境学研究科 客員准教授
■ メッセージ
APUは「自由・平和・ヒューマニズム」実現を掲げた理想に燃える大学ですが、その達成は一人ひとりの日々の斬新で公正な発言によってのみ可能です。心開いて、楽しく、強く、世界での活躍力を高めあっていきましょう。
■ 現在の専門分野
環境影響評価・環境政策 
■ 著書・論文歴
1. 2017/12 論文  三上直之・山下博美(2017)自然再生事業の緩慢な進捗とその意義──英虞湾の沿岸遊休地における干潟再生の事例 環境社会学研究 (23),130-145頁 (共著) 
2. 2017/01 著書  Yamashita, H. and Yasufuku, T. (2017) Coastal area landscape: Environmental changes and the characteristics of labor activities, in Shimizu, H. and Takatori, C. (2017) Labor forces and landscape management: Japanese case studies. London: Springer.   (共著) 
3. 2017/01 著書  Yamashita, H. and Yasufuku, T. (2017) Coastal planning: Biodiversity conservation and ownership, in Shimizu, H. and Takatori, C. (2017) Labor forces and landscape management: Japanese case studies. London: Springer.   (共著) 
4. 2014/01 論文  池側隆之・青山太郎・山下博美(2014)「環境コミュニケーション創出のためのエスノグラフィック・リサーチ-干潟と周辺環境のフィールドワークから」Vol.6, pp.39-53. (2014年3月)http://hdl.handle.net/2237/19815 メディアと社会  (共著) 
5. 2016/03 論文  山下博美(2016)「干潟再生に対するリスク・ベネフィット言説:有明海諫早湾干拓排水門『開門』をケースに」 湿地研究  (単著) 
全件表示(43件)
■ 所属学会
1. 2010/04~ 環境社会学会
2. 2010/04~ 日本湿地学会
3. 2015/04 ∟ 理事
4. 2010/09 Society of Wetland Scientists (SWS)
5. 2010/09 Society of Ecological Restoration (SER)
■ 学会発表
1. 2018/07/19 Yamashita, H. (2018) Environmental risks of living by the sea, memories of coasts and sea walls(‘Physical Infrastructure and Environmental Hazards: A Burdensome Legacy of Modernity’ Session, International Sociological Association Conference)
2. 2018/05/19 山下博美(2018)「再生事業を見つめる地域の目:国際調査結果」(干潟・海辺の再生とまちづくり国際シンポジウム、ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩、三重県志摩市)
3. 2018/02/04 山下博美(2018)「干潟再生事業における住民認識調査と順応的な環境ガバナンス」(不確実性と多元的価値の中での順応的な環境ガバナンスのあり方についての社会学的研究会、東京大学 東洋文化研究所)
4. 2017/10/20 Hiromi YAMASHITA (2017) Community perceptions towards risk and benefits of a mangrove restoration project: Learning from a case study in Malaysia(The 6th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia, National Taipei University, Taipei, Taiwan)
5. 2017/10/20 Mikami, Naoyuki and Hiromi Yamashita (2017) Factors underlying Differing Attitudes toward Tidal Flat Restoration Projects in Unused Farmland in Ago Bay: A Survey of Shima City Residents(The 6th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia, National Taipei University, Taipei, Taiwan)
全件表示(42件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019~2022/03  沿岸生態系インフラを活用した英国防潮堤建設減災事業におけるリスク受容と合意形成  (キーワード:環境リスク・コミュニケーション、沿岸湿地(干潟)再生と意思決定、住民参画)
2. 2018  干潟再生事業における住民認識に根ざした新・環境コミュニケーションモデルの構築 科学研究費補助金 
3. 2017  干潟再生事業における住民認識に根ざした新・環境コミュニケーションモデルの構築 科学研究費補助金 
4. 2016  干潟再生事業における住民認識に根ざした新・環境コミュニケーションモデルの構築 科学研究費補助金 
5. 2015  干潟再生事業における住民認識に根ざした新・環境コミュニケーションモデルの構築 科学研究費補助金 
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 2011/09 *
■ 資格・免許
1. 2014/11 社会調査専門員免許
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2004/01/01 TIDE (2004) Global Citizenship Education in Key Stage 1. Birmingham: Development Education Centre [TIDE].
2. 2004/01/01 TIDE (2004) Young children & global citizenship: A teachers’ project pack. Birmingham: Teachers in Development Education [TIDE].
3. 2001/01/01 TIDE (2001) Globalisation - what is it all about? Birmingham: Development Education Centre [TIDE].
■ 社会における活動
1. 2014/10 APU社会連携セミナー企画・運営  2014年10月7日(火)14:15-15:50 長谷川 基裕 氏 独立行政法人国際協力機構(JICA) 国際協力専門員(自然環境保全) タイトル:環境保全分野における国際協力の実践(国内)
■ 委員会・協会等
1. おおいたうつくし作戦県民会議 委員
2. 熊本県荒尾干潟賢明利活用協議会 アドバイザー
3. 高木仁三郎市民科学基金 理事
4. 大分海区漁業調整委員会 不明
5. 大分県環境影響評価技術審査会 委員
全件表示(9件)