photo
    (最終更新日:2021-03-29 01:23:13)
  カセダ ヨシノリ   KASEDA Yoshinori
  綛田 芳憲
   所属   立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2005/12
(学位取得)
* Ph.D.
2. 2005/12 Northern Illinois University Dept of Political Science 博士課程修了
3. 1996/08 Northern Illinois University Dept of Political Science 修士課程修了 M.A.
4. 1993/03 熊本大学 文学部 哲学科 卒業 学士
■ 職歴
1. 2014/04 立命館アジア太平洋大学 教授
2. 2007/04~2014/03 北九州市立大学 准教授
3. 2003/10~2007/03 北九州市立大学 助教授
4. 2002/04~2003/09 北九州市立大学 専任講師
5. 2001/03~2002/03 宮崎国際大学 専任講師
■ メッセージ
物事を主体的、批判的に考察する姿勢を身につけて下さい。また、APU の国際的な学習環境を最大限に生かし、視野を広げて下さい。
■ 現在の専門分野
政治学, 国際関係論 (キーワード:日本、北朝鮮、朝鮮半島、北東アジア、国際安全保障、国際政治) 
■ 著書・論文歴
1. 2021/03/31 論文  冷戦後の日朝関係と日本の安全保障政策 東アジア研究 (28),73-100頁 (単著) 
2. 2021/03 著書  Identity, Culture, and Memory in Japanese Foreign Policy  pp.35-62 (共著) 
3. 2019/03 論文  首脳会談後の米朝関係の膠着 東アジア研究 (25) (単著) 
4. 2017/04 著書  Regional Institutions, Geopolitics and Economics in the Asia-Pacific: Evolving Interests and Strategies  pp.93-112 (共著) 
5. 2016/11 著書  One Korea: Vision of Korean Unification  pp.186-205 (共著) 
全件表示(32件)
■ 所属学会
1. 2010/06 日本平和学会
2. 2006/12 東アジア学会
3. 2006/11 現代韓国朝鮮学会
4. 2001/10 日本国際政治学会
■ 学会発表
1. 2021/02/09 日本の対北朝鮮政策:その特徴と問題点(九州韓国研究者フォーラム研究会)
2. 2019/05/30 日米韓協力についての一考察(立命館東アジア平和協力研究着手記念国際シンポジウム「東アジア安保環境の変化と朝鮮半島の未来」)
3. 2019/05/26 韓国・北朝鮮への日本の『価値観』外交(北東アジア学会 2019西日本地域研究会・シンポジウム)
4. 2019/05/17 Japan’s Security Policy under the Abe Administration(Emerging Political and Economic Issues in Northeast Asia)
5. 2018/12/13 米朝首脳会談後の米朝関係と日本(日韓中・国際学術会議:「北朝鮮の核問題の新局面と激動する北東アジア」)
全件表示(50件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   日本の安全保障、北東アジアの国際政治、北朝鮮の核兵器開発  (キーワード:日本、北東アジア、安全保障)
2. 2018~2020  The Factors behind Japan's New Security Posture 外部資金による研究 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/04/01 教育上の工夫
2. 2017/04/01 教育上の工夫
3. 2016/04/01 教育上の工夫
4. 2015/04/01 教育上の工夫
5. 2014/04/01~2018/12/01 教育上の工夫
■ 社会における活動
1. 2020/11 講演 「南北・米中会談を踏まえた韓・日の今後」
2. 2020/09 講演 「国際政治におけるアイデンティティの役割」
3. 2020/09 講演 「日本の対北朝鮮外交」
4. 2019/12 講演 「日本は朝鮮半島とどう向き合うべきか」
5. 2019/11 講演 「朝鮮半島情勢と日本外交の問題点」
全件表示(20件)