photo
    (最終更新日:2022-04-17 16:57:32)
  ジョーンズ トマス
  JONES Thomas E.
   所属   立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 2007/04~2010/03 東京大学 農学生命科学研究科 博士課程修了
2. 2005/04~2007/03 信州大学 生命科学研究科 森林科学 修士課程修了 修士課程
3. 1999/09~2003/07 シェフィールド大学 School of Social Science Faculty of Social Science 卒業 学位論文
■ 職歴
1. 2017/04 立命館アジア太平洋大学
2. 2011/04~2017/03 明治大学 ガバナンス研究科 99
3. 2010/04~2011/03 特定非営利活動法人 SCOP
4. 2008/11~2009/02 国土交通省・観光庁 インターンシップ
■ メッセージ
学部生へのメッセージ:「敷かれた道を進むより、道なきところに自ら道を築いて進め。」ラルフ・ワルド・エマーソン大学院生へのメッセージ:「土地との調和は、友人との調和のようなもので、右手を大事にしながら、左手を切り落とすことはできない。」アルド・レオポルド 
■ 学内役職・委員
1. 2021/04/01~  立命館アジア太平洋大学 APU学生部副部長
■ 著書・論文歴
1. 2022/04/01 著書  World Heritage Sites.   (単著) 
2. 2022/02/18 著書  8 Heritage Conservation and Tourism Vietnam Tourism: Policies and Practice  (共著) 
3. 2022/01/11 論文  HIMALAYAN NATURE-BASED TOURISM. CHALLENGES FOR TOURISM AND PROTECTED AREAS International Journal of Conservation Science 13(1),pp.249-266 (共著) 
4. 2021/10/01 論文  HIMALAYAN NATURE-BASED TOURISM. POTENTIAL, REGIONAL DIVERSITY, NATURE CONSERVATION AND TOURISTIC LOAD International Journal of Conservation Science 12(4),pp.1527-1546 (共著) 
5. 2021/09/11 論文  How Cultural Cities on UNESCO’s World Heritage List Become Museums For Tourists Tourism Geographic  (共著) 
全件表示(78件)
■ 所属学会
1. 2016/11 日本森林学会
2. 2015/11 環境情報科学センター
3. 2014/11 公益社団法人 日本造園学会
4. 2012/07 Travel and Tourism Research Association
5. 2010/04 富士学会
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2022/03/08 Rabbits as host? Adopting a multi‐species perspective into the “host‐guest” paradigm(CTR International Conference “International Tourism Research Salon”)
2. 2022/01/22 Cycling Tourism as a Sustainable Solution for Regional Areas(AY2021 Joint Student Symposium on Tourism, Hospitality and Leisure Research)
3. 2022/01/22 SeaTurtle Conservation Tourism and its effectiveness for Environmental Education: Case Study of Hazako Nature Center(AY2021 Joint Student Symposium on Tourism, Hospitality and Leisure Research)
4. 2021/12/05 Pre-pandemic monitoring of international and domestic climbers at Mount Fuji(International symposium on volcanic risk management for climbers)
5. 2021/12/04 Monitoring Undergraduate Students Awareness of SDGs: Data-driven Insights from the College of Asia Pacific Studies(AP Conference)
全件表示(51件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008~2017  富士山の利用者モニタリング調査  (キーワード:富士山、保護、利用、モニタリング)
2. 2009~2017  世界遺産における持続可能な観光  (キーワード:世界遺産、持続可能な観光、管理策戦)
3. 2013~2017  野生生物ツーリズム  (キーワード:野生生物、自然保護、ツーリズム、ルール)
4. 2019/07~2020/03  Internationalization of Aso-Kuju National Park MoE 
■ 受賞学術賞
1. 2018/10 立命館アジア太平洋大学2017年度の教員アセスメント教育分野において特に優秀な実績
2. 2018/10 立命館アジア太平洋大学2017年度の教員アセスメント研究分野において特に優秀な実績
■ 資格・免許
1. 2005/04/01 日本語能力試験(JLPT)(1級)
2. 2004/06/09 Japanese drivers license(中型)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/09/01 Geoparks course creation
2. 2018/04/01~2018/07/31 Using multi-channel digital resources such as Voice Thread
3. 2017/04/01 Creativity in teaching contents and methods
4. 2017/04/01~2018/11/21 Introduce in-class digital resources such as Flipgrid
5. 2017/04/01 Introduce in-class digital resources such as Voice Thread
●作成した教科書、教材
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(11件)
■ 社会における活動
1. 2019/02~2019/02 「未来に架ける富士山」シンポジウムとワークショップ 富士山クラブ創立20周年記念(基調講演)(国内)
2. 2019/01~2019/01 ワークショップ開催:「第3世代観光波以降のエコツーリズムを考える:北東アジアへの提言」(国内)
3. 2018/04~2019/03 FY2018春夏秋冬にわたり環境省の委託調査・アンケート調査@別府ロープウェイ実施した(満喫プロジェクトの一部として)(国内)
4. 2017/11 Panel session & Workshop at APU Conference(国内)
5. 2017/10 留学生のモニター調査およびAPU交流会@臼杵市(国内)
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. APU's new National Park Partner program (with Yokoyama sensei); Coordinator
2. numerous Journals (Tourism Management; Japanese Geographic Society etc) Reviewer
3. TTRA (Asia-Pacific chapter); Committee Membership
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2010/01/01~2018/01/01 “The Most Beautiful Valley in Japan”: Kamikōchi, the Japan Alps, and National Parks in Japan(North Japan Alps) Link
■ 科研費研究者番号
50611745
■ ORCID
https://orcid.org/0000-0002-4097-1886