photo
    (最終更新日:2024-02-01 08:44:29)
  ミヤザキ クミコ   MIYAZAKI Kumiko
  宮崎 久美子
   所属   立命館アジア太平洋大学 国際経営学部
   職種   教授
■ 学歴
1. 1989/09~1994/01 Universiy of Sussex Graduate School, Division of Business Administration and Economic Policy Science Policy Research Unit 博士課程修了 PhD
2. 1988/01~1988/12 INSEAD 欧州経営学院 経営管理研究科 MBA 修了 MBA
3. 1976/09~1977/09 Cambridge University, Newnham College 情報科学研究科 修士課程修了 Diploma
4. 1973/09~1976/07 Oxford University, St. Hugh's College Faculty of Science、Physics 卒業 B.A, M.A.
■ 職歴
1. 2017/04~2020/03 東京工業大学 環境社会理工学院 イノベーション科学系 教授
2. 2005/04~2017/03 東京工業大学 イノベーションマネジメント研究科 教授
3. 2001/01~2005/03 東京工業大学 工学部工学基礎科学講座 教授
4. 1995/12~2000/12 東京工業大学 社会理工学研究科 助教授 助教授
5. 1994/07~1995/11 日本電気 技術企画部 課長
全件表示(10件)
■ 現在の専門分野
Management, Management of Technology, Science and Technology Policy (キーワード:Innovation Management, Innovation System) 
■ 学内役職・委員
1. 2021/04/01~  立命館アジア太平洋大学 APU教務主任
■ 著書・論文歴
1. 2023/03/11 論文  Technological competence strategy for Electric Vehicles; The case of Volkswagen in China The MOT Society of Japan,  (共著) 
2. 2022/06/30 論文  Frugal Innovation in an Emerging Country: A Case study of IoT-based Smart Farming in Vietnam ASIALICS 18th ASIALICS  (共著) 
3. 2022/06/30 論文  Interactive technologies in museums: An empirical assessment of visitors' technological acceptance ASIALICS 18th ASIALICS  (共著) 
4. 2022/06/29 論文  Factors impacting Foreign Direct Investment; Evidence from Thilawa Special Economic Zones in Myanmar ASIALICS 18th ASIALICS  (共著) 
5. 2022/06/29 論文  Innovation in Services through Unbundling - the Case of ANA and Icelandair in the airline industry ASIALICS 18th ASIALICS  (共著) 
全件表示(178件)
■ 所属学会
1. 2018/10~2020/09 ITS
2. 2005/04~ 日本MOT学会
3. 2016/06~ ∟ 編集理事
4. 2016/06~ ∟ 理事
5. 2005/04~ 情報通信学会
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 2022/11/19 Emerging Digital technologies knowledge and technological convergence in BBC and NHK, a view from patents and papers(46th Annual bi-Annual Conference of Japan Information and Communications Research)
2. 2022/06/25 Analyzing Netflix's Technological Strategy; What we can learn from Netflix's technological blog and patent data(46th Annual bi-Annual Conference of Japan Information and Communications Research)
3. 2021/11/27 航空産業におけるアンバンドリングによるサービスイノベーション - ANA とIcelandairの戦略(情報通信学会秋季大会)
4. 2021/01/17 Empirical analysis of value creation: Identifying needs, opportunities, knowledge, technologies related to AI powered solutions to support independent elderly living(Pacific Telecomunications (PTC) Annual Conference)
5. 2015/06/21 Exploring the Knowledge Behind Big Data Enabled Innovation in Broadcasting: the Case of NETFLIX and BBC(Japan Society for Information Communications Research)
全件表示(16件)
■ 講師・講演
1. 2023/01/31 リサーチデータのオープン化に関する課題(オンライン)
2. 2021/11/24 Entrepreneurial Creativity and Innovative Organization(Beppu)
3. 2021/06/10 アントレプレナーシップ(India)
4. 2019/09/27 最先端技術に関するイノベーションシステム~日本の強み、弱み
5. 2019/07/29 Innovation Systems and Convergence of Emerging Technologies- the case of AI, Big Data(Beijing)
全件表示(25件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  新興技術を基盤とする次世代型イノベーションシステムにおける価値創造の国際比較分析 科学研究費助成事業 
2. 2013/04~2016/03  スマートシステムやスマートサービスにおけるイノベーションシステムの国際比較分析 科学研究費助成事業 (キーワード:Smart service, Smart system, Innovation system)
3. 2010/04~2013/03  ナレッジインテンシブサービスセクターにおけるイノベーションシステムの国際的比較分析 科学研究費助成事業 
4. 1998/04~2001/03  ソフトウェア援用型複雑システム開発の比較実証分析~ニューエコノミー論の解明 科学研究費助成事業 
5. 1997/04~2000/03  ソフトウェア援用型大型複雑システムにおける技術経営に関する国際比較実証分析 科学研究費助成事業 (キーワード:ソフト援用型、複雑システム、技術マネジメント、比較実証分析)
■ 受賞学術賞
1. 2020/10 研究イノベーション学会 特別功労賞, Life time Achievement Award, JSRPIM
2. 2016/09 ASIALICS Best Paper Award,  ASIALICS (Cross Sectoral Empirical Study on the role of Competence and Learning in the Functional Food industry in Japan)
3. 2011/08 PICMET (Portland International Conference on Management of Engineering and Technology Brad Hosler Outstanding Student Paper Award - Nominating Professor, PICMET
4. 2010/10 研究技術計画学会 (現在の研究・イノベーション学会) 研究イノベーション学会 学会賞 (Society Award of JSRPIM)
5. 2008/06 R&D Management Conference Pratt and Whitney Canada, Innovation Management Best paper Award, R&D Management Conference (NanoSI: Developing Models of Nano-Knowledge Co-Creation and Nanotechnology R&D System)
■ 資格・免許
1. 2020/03/31 東京工業大学 名誉教授
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2022/10/03~2022/11/18 Effective use of inclusive teaching in the Product Development course
2. 2022/02/22~2022/03/04 Kyushuu University - Babson Global Symposium for Entrepreneurship Educators
●作成した教科書、教材
1. 2017/03 技術経営の考え方
■ 社会における活動
1. 2022/09~2022/09 京都のサイエンス型ベンチャー企業2社のWeb見学会
2. 2020/12~2020/12 最優秀論文審査員  (情報通信学会年次大会)
3. 2017/04~2023/03 放送大学 技術経営の考え方
4. 2001/10~2002/01 アジアの共通衛星に関する需要調査
■ 委員会・協会等
1. 2021/11/01~ 日本学術会議 情報学 委員会  国際サイエンスデータ分科会 委員
2. 2021/04/01~ 日本学術会議 エネルギーと科学技術に関する分科会 委員
3. 2019/04~ 日本学術会議 工学システムに対する関する安全・安心・リスク検討分科会 委員
4. 2018/02~2018/08 国土交通省 交通政策審議会 専門委員
5. 2017/09~ 日本学術会議 連携会員
全件表示(17件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ researchmap研究者コード
7000018081